過食嘔吐とストレスについて

現在の日本はストレスが多い社会といわれており、そのストレスが原因で摂食障害を起こす人がたくさんいます。摂食障害の中でも多いのが過食嘔吐という症状です。通常をはるかに超える量の食事をとり、その後自分で手を突っ込んで嘔吐する症状です。ストレスから過食になった人が太ることを恐れるために行なうことが多いです。嘔吐することによって食道や口腔内には胃酸による大きな負担がかかります。また、食事を吐き出すことで必要な栄養素が摂取できないことになるので、過食嘔吐によって栄養バランスが大きく崩れることとなります。

カウンセリングを利用してみよう

悩み事があるけど相談する相手がいない人は、カウンセリングを利用してみましょう。悩み事は溜めこんだりせず、適度に放出した方が肉体的にも精神的にも楽です。それに悩み事を言葉や文字にする事で、自分を客観的にみる事ができます。そうすれば何か解決方法が見つかるかもしれません。カウンセリングにはさまざまな手段があり、対面はもちろんですが電話だったりメールだったりと自分に最適な相談方法が見つかるはずです。相談する事を恥ずかしがらずに利用してみましょう。

食事で健康になる情報