和食は健康的でもない

和食はヘルシーだという印象がありますが、それはアメリカなどのジャンクフード主体の食生活と比べた場合にのみ言えることです。実際には塩分が多過ぎて、高血圧などを引き起こしやすくなっています。また、伝統的な和食は健康的なものでしたが、近年に生まれた揚げ物や肉料理はそれほど体に良いものではありません。昔ながらの粗食は、料理というよりは野菜や玄米などの素材をそのまま、食べられるようにしただけのようなものですが、こういったものの方が健康には良いのです。美味しくしようとして努力しすぎたものは体に悪い場合が多いので、注意が必要です。

ゆったりしましょう

和食はとても優秀な食事です

和食は栄養バランスのとれた理想的食事として健康を考える上で、世界からも大きな注目を集めています。その特徴として一汁三菜の考え方があり、米を主食とした魚、野菜中心の配膳の中には栄養価が高い旬の物を用いたり、消化機能や免疫力を高める発酵食品の活用がみられます。また「うまみ」といわれるダシの文化は和食独特のものであり、食材本来の味を引き出し、調味料に頼りすぎない食事が可能になります。塩分の過剰摂取が健康害と考えられる中、このうまみを用いた調理法は食事の質を損なわず豊富な栄養の摂取ができる方法として優れているとされています。

食事で健康になる情報