むくみで健康状態がわかります

むくみとは人の体のほとんどは水分ですが体内の古くなった水分は、体外に排泄される仕組みになっています。それが何らかの原因でうまく排泄できないと体に水分が残ってしまって、体にたまってしまうことを言います。健康を損なうと全身の各部位に現れる場合と、一部に現れる場合がありその部分で体の状態がわかることがあります。全身に現れる場合には肝硬変、一部だけに現れて血管が浮き出ている場合には下肢静脈瘤、血管が浮き出ていないときには静脈血栓症などがあります。健康なときのむくみのは指で押すとへこみ、すぐに元に戻りますが甲状腺機能低下症などは押してもへこみません。

ゆったりしましょう

むくみを解消させる方法

夕方になると足がむくんでしまう、という女性は多いです。健康面から考えてみても、リンパ液の流れに滞りが出てしまうことが原因でむくんでしまうので、あまり良いことではないのです。水分を摂取しすぎることによって、むくみが出てしまうことがあるのですが、水分補給を極端に減らすと、脱水症状を起こしてしまったり、血液の濃度が濃くなりすぎてしまうことになります。ですから、健康のことを考え、水分を溜め込みやすくなる原因となる塩分の摂取に注意をしたり、リンパ液を下半身から上半身に引っ張るイメージでマッサージをすると良いです。

食事で健康になる情報